httpsからhttpに戻したのに、httpsに勝手にリダイレクトされる

Nginxにsslを設定してhttpsでアクセスできるようにした置いたサイトをhttpに戻したら使っていたGoogle Chromeで勝手にhttpsへリダイレクトされました

原因はHSTSでした

Nginxで設定していたconfの箇所は以下

  add_header Strict-Transport-Security max-age=15768000;

これで、対応しているブラウザはhttpのアクセスをhttpsにしてくれます
これをブラウザが覚えているせいで、Nginxの設定を変えても、ブラウザでリダイレクトしていたようでした

Google chromeの場合、消すには
chrome://net-internals/#hsts
にアクセス

Delete domainに該当のURLを入力して Delete すれば消えます
サブドメインも入力しないとだめでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です