GPGを設定してからgit commitしようとするとパスフレーズを求められる

GithubのためにGPGによる署名をコミットにつけてみた – bgbgbg
でGPGを設定してからgit commitしようとするとパスフレーズを求められる環境があったので対応してみました

Ubuntu 14.04で行いました

$ git commit
すると

gpg: gpg-agent is not available in this session
Enter passphrase: 

な感じだったので必要そうなものをインストール

$ sudo apt-get install gnupg-agent pinentry-curses

gpg-agentを実行
$ eval $(gpg-agent –daemon)

これでもダメだったので.bashrcに追記

$ vim .bachrc

if test -f $HOME/.gpg-agent-info && \
    kill -0 `cut -d: -f 2 $HOME/.gpg-agent-info` 2>/dev/null; then
    GPG_AGENT_INFO=`cat $HOME/.gpg-agent-info | cut -c 16-`
else
    # No, gpg-agent not available; start gpg-agent
    eval `gpg-agent --daemon --no-grab --write-env-file $HOME/.gpg-agent-info`
fi
export GPG_TTY=`tty`
export GPG_AGENT_INFO

一度読み込ませて
$ source ~/.bashrc

これでうまく行きました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です