ansible galaxyを使ってrbenvをインストールしてみる

ansibleでインフラのコード化を進めてますが、rubyのインストール時に使っていたrbenvがうまくいかなかったので
Galaxy – zzet.rbenv
を使ってみました

ansibleはインストール済み、サーバーもsshでつながる状態からはじめました

指示があるように(sudoはつけました)
$ sudo ansible-galaxy install zzet.rbenv

でデフォルトのディレクトリだと
/etc/ansible/roles/zzet.rbenv
へインストールされます

ディレクトリを変更するなら
/etc/ansible/ansible.cfg
に指定すればよさそうです

playbookに

- hosts: sample
  become: yes
  become_method: sudo
  gather_facts: true # https://github.com/zzet/ansible-rbenv-role/issues/37
  vars:
    rbenv:
      env: system
      version: v1.0.0
      ruby_version: 2.3.0
  roles:
    - role: zzet.rbenv
      rbenv_users:
        - user

を追記

sudoをつけたり、バージョン指定したりします
あとは実行すれば

$ ansible-playbook -i hosts site.yml -vvv

rbenvでruby v2.3.0が入った環境ができました

はまったところはこちら
Vagrantへansibleでrbenv installするとコケる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください