centosでgitoliteを導入

gitサーバーとして使いたいのでgitoliteを入れてみる

<環境>
centos

rootでログイン
yum install gitolite

cat /etc/passwd
でgitoliteユーザーができてることを確認

ホームディレクトリは/var/lib/gitolite

普段使ってる公開鍵を用意しコピーしておきます
cp (普段使ってる公開鍵) /var/lib/gitolite/

権限を変えておきます
chmod 600 /home/gitolite/(鍵の名前)

gitoliteユーザーに切り替え
su – gitolite
gl-setup /var/lib/gitolite/(鍵の名前)

で準備ができました

違うパソコンからssh経由でgit cloneしてみます
git clone ssh://gitserver/testing

うまくいけば成功

fatal: destination path ‘testing’ already exists and is not an empty directory.
なんてエラーがでた場合は、
サーバーでの.ssh/authorized_keysの中を確認

# gitolite start
command=”~

の記載の前に、なにかあるときは邪魔してログインできないようで
消したらできました
もともとgitoliteユーザーがいたときのものだと思います

開発者用ユーザーを追加します
git clone ssh://gitserver/gitolite-admin

gitolite-admin/keydir
に開発者用の公開鍵[gitolitedev.pub]を入れます

git add gitolitedev.pub
git commit -m “add dev key”
git push

うまくいけば
git clone ssh://gitserver/testing
とれればできた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください