UbuntuのbashがCtrl+sで固まらないようにする

Ubuntuのbashで作業していて
Ctrl+s
を押してしまうと画面がかたまります

戻るには
Ctrl+q
を押せば戻れるのですが不便です

$ stty -a
をみると

stop = ^S;

とstopにCtrl + sが割り当たっているからなので

$ stty stop undef
としてしまえば無効になります

常に無効にしたかったら

~/.bashrc

stty stop undef
を書き込んでしまえばいいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください