Ubuntuにxdebugをいれてみる

Ubuntu12.04(VirtualBox上の)へ
php用のプロファイリング(負荷みたり)、リモートデバッグできたりするxdebugを入れてみます

Apacheとphpがインストール済み、Apache+phpの例です

pear(pecl)も入ってなかったのでpearインストール
# sudo apt-get install php-pear

# pear version
PEAR Version: 1.9.5
PHP Version: 5.5.15-1+deb.sury.org~precise+1
Zend Engine Version: 2.5.0
Running on: Linux user-vb 3.2.0-67-generic-pae #101-Ubuntu SMP Tue Jul 15 18:04:54 UTC 2014 i686

pear 入りました
peclでxdebugをインストールします

# sudo pecl install xdebug
downloading xdebug-2.2.5.tgz …
Starting to download xdebug-2.2.5.tgz (255,840 bytes)
………done: 255,840 bytes
66 source files, building
running: phpize
sh: 1: phpize: not found
If the command failed with ‘phpize: not found’ then you need to install php5-dev packageYou can do it by running ‘apt-get install php5-dev’ as a root userERROR: `phpize’ failed

コケた..足りないものをいれて、再度実行
# sudo apt-get install php5-dev
# sudo pecl install xdebug

php.iniでxdebugを有効にします
xdebug.soの場所を見つけてから
# vi /etc/php5/apache2/php.ini
(追記)zend_extension=/usr/lib/php5/20121212/xdebug.so

apacheをreloadして
# sudo service apache2 reload

phpinfoを用意して確認します
# vi /var/www/html/phpinfo.php


<?php
phpinfo();

ブラウザでアクセス
http://localhost/phpinfo.php
phpinfo-xdebug

xdebugが表示されました


PHP: The Right Way

カテゴリーphp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください