ファイナンシャルプランナー3級 実技 個人資産相談業務 2014年5月 ちょっと解説

2014年5月25日(日)実施済みのファイナンシャル・プランニング技能検定3級の試験問題
個人資産相談業務 にちょっと解説つけてみました

問題番号、答え
ちょっとした解説
になります
(答えでわかるものは解説省略してます)

  1. 1
    特別支給の老齢厚生年金は男性の場合、昭和36年4月1日以前に生まれていなければならない
  2. 2
    全額免除期間は1/3となる
  3. 1
    月額200円でなく400円
  4. 3
  5. 2
    すべての投資信託に設定されているわけではない
  6. 1
    (1.2 + (100 – 101.5) / 2) / 101.5 * 100
  7. 3
    配偶者の合計所得は給与所得控除が引かれているため65万プラスで125万円
    地震保険料控除は5万以下は全額対象のため地震保険料は3万
    配偶者の合計所得が38万を超えているため扶養対象者は子Cさんのみ
  8. 2
  9. 1
    給与所得控除が表より950 * 0.05 + 120 = 735万円
    一時所得が解約返戻金額1100万 – 一時払保険料1000万 – 特別控除額50万 = 50万 の半分25万が所得になるため、735 + 25 = 760万円
  10. 3
  11. 2
    登記所(法務局)で受ける
  12. 2
    前面道路が12m以下のため4/10 * 幅4m = 160%だが、指定容積率のほうが少ないので100%が適用される
  13. 3
  14. 1
  15. 3
    5000万 + 1000万 * 相続人数(妻B、長男D、長女E)3人 = 8000万

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください