ファイナンシャルプランナー3級 実技 個人資産相談業務 2013年9月 ちょっと解説

2013年9月8日(日)実施済みのファイナンシャル・プランニング技能検定3級の試験問題
個人資産相談業務 にちょっと解説つけてみました

問題と回答は、一般社団法人 金融財政事情研究会にて公開されています

問題はこちら
回答はこちら

問題番号、答え
ちょっとした解説
になります
(答えでわかるものは解説省略してます)


  1. 厚生年金額の加算は厚生年金に20年以上の入らなければならない
  2. 2

  3. 国民年金はさかのぼって納付できる期間が決まっている(平成24年10月から3年間は10年前まで)
    付加年金は月額400円
  4. 1

  5. PER=800/(120億円/1億株)=6.67
    配当利回り=12/800*100=1.5

  6. 10%取られる

  7. 借入金の利子は含めない

  8. 配偶者控除38万+扶養控除38万
  9. 3

  10. (譲渡価格-(取得費=不明の時は譲渡価格*5%)-譲渡費用-特別控除)*課税特例14%
  11. 1
  12. 2

  13. 遺留分はさらに半分

  14. 最終価格、当月の平均、前月の平均、前々月の平均の最も低い額
  15. 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください