ファイナンシャルプランナー3級 学科 2014年1月 ちょっと解説

2014年1月26日(日)実施済みのファイナンシャル・プランニング技能検定3級の試験問題
学科 にちょっと解説つけてみました

問題と回答は、一般社団法人 金融財政事情研究会にて公開されています

問題はこちら
回答はこちら

問題番号、答え
ちょっとした解説
になります
(答えでわかるものは解説省略してます)

  1. 2 弁護士法に抵触する
  2. 2 返済期間短縮型のほうが軽減効果が大きい
  3. 2 融資実行時の金利となる
  4. 1
  5. 2 65歳以上であれば厚生年金保険料を1ヶ月以上納めていればいい
  6. 1
  7. 2 保険金を受け取ったら特約は消滅する
  8. 2 30万円を超える宝石などは対象とならない
  9. 2 車両に関するものは対象とならない
  10. 1
  11. 2 TOPIXでなく日経平均株価の説明、TOPIXは東証一部の全銘柄
  12. 1
  13. 1
  14. 1
  15. 2 元本保証はない
  16. 2 法人税も国税
  17. 1
  18. 2 申告分離課税にすると控除できる、もしくは、源泉徴収ありの特定口座を利用する
  19. 1
  20. 1
  21. 1
  22. 2 公正証書などの書類でいい
  23. 2 面積割合で計算する
  24. 2 両方、印紙税を負担する必要がある
  25. 1
  26. 1
  27. 2 墓石は債務控除の対象とならない
  28. 1
  29. 1
  30. 2 後見・補佐・補助
  31. 2 200万 * 0.062
  32. 3
  33. 3
  34. 1
  35. 1
  36. 3
  37. 2
  38. 3
  39. 2 自分で起こした怪我は対象とならない
  40. 3
  41. 2
  42. 3 300万*1.02*1.02*1.02
  43. 2
  44. 3
  45. 3 (表面利率 + (売値 – 買値) / 残存期間) / 買値 * 100
  46. 1
  47. 3
  48. 3
  49. 2
  50. 1
  51. 1
  52. 3
  53. 1
  54. 1
  55. 1
  56. 2
  57. 2
  58. 2
  59. 1
  60. 3

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください