Windowsでブルースクリーンの原因を解析

ブルースクリーンになったあとに原因を解析するためにメモリダンプを見てみます

Microsoftが用意しているDebuggingToolで見れるそうなので下記よりダウンロードします
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/hardware/hh852365.aspx

Windows 8.1 向けのスタンドアロンのデバッグ ツール (WinDbg)
Windows 7 スタンドアロンのデバッグ ツール (Windows XP にも対応)
のどちらかをダウンロードします

今回はWindows 8.1向けをインストールします
sdksetup.exeを実行し、DebuggingToolだけ選択してインストールします

(インストールしたディレクトリ)\Windows Kits\8.1\Debuggers\x64\windbg.exe
を起動しますが、メモリダンプが管理者モードでしかアクセスできなかったので
windbg.exeをshiftキーを押しながら右クリック、管理者として起動します

下記の通りシンボルリンクを設定します
http://support.microsoft.com/kb/311503

File>Symbol File Path..
をクリックして
SRV*C:\localsymbols*http://msdl.microsoft.com/download/symbols
を入力します

symbolpath

C:\localsymbolsフォルダを用意しておいてください

ダンプファイルを開きます
C:\WINNT\Minidump\またはC:\Windows\Minidump\にあるらしいです

今回はFile>Open Crash Dump..より
C:\Windows\Minidump\021014-6062-01.dmpを開きます

debuggingtool

!analyze -v
をクリック

debuggingtool2

解析結果が表示されました
これで何が原因か調べる方法を知りたいところです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください