[FuelPHP]雰囲気を紹介してみる(oilコマンドすごい)

FuelPHPを触ってみてます
他のフレームワークをほとんど知らないのですが
すごいなーと思ったのでメモがてら紹介します

雰囲気だけの紹介がいい気がしました

<環境>
Centos 6.3
Apache 2.2
FuelPHP 1.6

インストールは簡単でした
※2013/10/11時点

curl get.fuelphp.com/oil | sh

これで、oilコマンドが使えるようになるみたい

チュートリアルでも..と思い
FuelCrashCourseというのをしてみました

Apache公開ディレクトリにいって
# cd /var/www/html
プロジェクト作成してみる
# oil create fuelcrashcourse
とすれば、fuelcrashcourseプロジェクトができます

http://localhost/fuelcrashcourse/public にアクセスすると
Welcomeページが見れます

oil generate scaffold messages name:text message:text
とすると、Controller、Model、Viewと作られ

http://localhost/fuelcrashcourse/public/messages にアクセスすると

もう登録、編集、削除ができる!!

oil generate controller comments create edit
とすると、comments用controller、メソッドにcreate、editが作られ

http://localhost/fuelcrashcourse/public/comments/edit にアクセスすると

画面ができてる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください