WindowsXPをmuninで監視

Windows XP を munin で監視してみます

まず、Windows XP を SNMPサービスを起動させます

コントロールパネル>プログラムの追加と削除
左側の「Windowsコンポーネントの追加と削除」をクリック
管理モニタとツールをクリック、次へでインストールされます

winxp-snmp

コントロールパネル>管理ツール>サービス
「SNMP Service」が開始されていることを確認
右クリック>プロパティで、設定が変えられます

muninサーバーへログインします。
snmpwalkコマンドで、snmpがとれるか確認します

snmpwalk -v 2c -c public (WindowsXPのip address)
※このときはファイアーウォールで、UDP:161を使います

なにやらたくさん出てこなければどこかがおかしいです

muninの設定をします
まずは、名前解決のためhostsを修正します
vim /etc/hosts

(WindowsXPのip address) winxp

を追加

muninの設定ファイルを修正します
vim /etc/munin/munin.conf

[winxp]
address 127.0.0.1
use_node_name no

を追加

vim /etc/munin/munin-node.conf

allow ^192\.168\.1\.100$

などとWindowsXPのip addressを許可して

munin-node-configure –shell –snmp winxp –snmpversion snmpv2c –snmpcommunity public | sh
とすると、muninに登録されます

munin-nodeをリスタート
/etc/init.d/munin-node restart

しばらくまって、ブラウザでmuninの画面を確認
グラフが増えているけど、同じグラフが出てる?

munin-checkコマンドをうってみる
Wrong owner (munin != nobody) とかエラーがたくさん…

権限でおこられてるので
munin-check -f
で修正してみたり、権限をごちゃごちゃしてるとできるようになりました

いまいちすっきりしませんが、とりあえずこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください