会社員が個人事業主になるときのメモ

気になったので調べたのをまとめます

就業規則に副業禁止とある場合
 会社の業務に支障がない場合は、判例では問題ない様子
 会社に話をしておかないともめる可能性あり、会社を裏切る行為

会社にばれないようにするには
 確定申告時に、「事業所得に関する住民税」という項目がある
 特別徴収か普通徴収か選べるが、特別徴収にすると個人事業分の住民税も、会社に通知がいく
 個人事業の住民税は、普通徴収にしておくと個人へ請求がくる

–メモ–
個人事業主となって必要経費が収入より高く、赤字だと本業の税金がへったりする
ただ、得になるほどの経費をだすには相当のことをしないといけない
(家でやるから家賃全部経費とはいかず、事業と生活と按分しないとだめ)
——-

間違えていたら教えてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください