リモートリポジトリを手元で確認する

Gitでソース管理してて、Bitbucketへアップロードしてたりしますが、プルリクエストが来た時に手元で確認したかったので

まずは手元のリポジトリを更新

$ git pull

リモートリポジトリを確認

$ git branch -a

master
profile
remotes/origin/master
remotes/origin/update_development

こんな感じでリポジトリがでるのでブランチを使う方法で

$ git checkout -b new origin/update_development

といった感じで、後にリモートリポジトリをつければローカルで確認できました
手順多めだと思いますが、覚えること少ないのはこれかなと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください