Ubunutのvimでctagsを使う

vimでctagsを使えば、ctrl + [ でクラスやメソッドへジャンプできるので便利です

Ubuntu 14.04で試しました
gitをかならず使う前提でやっています

ctagsをインストール

$ sudo apt-get install exuberant-ctags
$ ctags –help

でバージョンが確認できればOK

ホームディレクトリに

$ vim ~/.ctags

--tag-relative
--recurse
--sort=yes
--append=yes
-f .git/tags

などと、デフォルト動作を用意できます

Ruby on Rails とか CakePHP とかフレームワークの入った場所で

$ ctags -R

とすれば、.git/tagsが作成され、インデックスされます
tpope/vim-fugitiveを使っていたので、.git/tagsを参照してくれます
使ってなければ、vimを開いて、

:set ctags?

にtagsが入るよう設定が必要です
設定できれば、Ctrl + [ でジャンプでき、戻るときは Ctrl + t で戻れます
これだとマッチした一つ目に飛ぶので

$ vim ~/.vimrc

nnoremap <C-]> g<C-]>

としておくと、複数マッチしたときに選択できるようになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください