Cakephp2.7にDebugkitを入れる

ComposerでCakephpにphpunitとdebugkitを入れてみる | bgbgbg
でDebugkitをいれてましたが、Cakephp 3.0が出た影響で、2.x系にいれるときに
cakephp/debug_kit
に、ばっちし書いてないのでメモ

Cakephpのプログラムファイルの下にcomposer.jsonがなければ用意します
こんな感じであればOKですが

$ tree -L 1

.
├── Config
├── Console
├── Controller
├── Lib
├── Locale
├── Model
├── Plugin
├── Test
├── Vendor
├── View
├── composer.json
├── composer.lock
├── index.php
├── tmp
└── webroot

$ vim composer.json

{
    "config": {
        "vendor-dir": "Vendor/"
    }
}

を指定しておくとCakephpのディレクトリ構成にしたがっててよさそうです
これでcomposerでDebugkitをバージョン指定していれます

$ php composer.phar require –dev cakephp/debug_kit “~2.2”

あとは

$ vim Config/bootstrap.php

CakePlugin::load('DebugKit');

を追記すればOKです

Toolbarを出すには

$ vim Controller/AppController.php

class AppController extends Controller {
    public $components = array('DebugKit.Toolbar');
}

で出せます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください