gitで削除したリモートブランチが手元では残ったとき

とある開発で、gitのリモートブランチ確認したら

$ git branch -a

* master
  remotes/origin/HEAD -> origin/master
  remotes/origin/change-db-seed
  remotes/origin/change-db-seed-activerecord
  remotes/origin/change-header-login-link
  remotes/origin/change-sidebar-cart
  remotes/origin/change-top-image
  remotes/origin/change_ruby_version
  remotes/origin/dev
  remotes/origin/hide-unused-menu
  remotes/origin/install_paypal
  remotes/origin/master
  remotes/origin/set-google-analytics
  remotes/origin/upload-image-to-amazaon-s3
  remotes/origin/webmastertool

とたくさん出てきた
ブラウザでリポジトリ見てみるとそんなにない
ブラウザでブランチ消したりしても、自動で手元も消してくれないわけで

$ git fetch origin –prune
(originは環境に合わせて)

From sample.com:sample/sample
 x [deleted]         (none)     -> origin/change-db-seed
 x [deleted]         (none)     -> origin/change-db-seed-activerecord
 x [deleted]         (none)     -> origin/change-header-login-link
 x [deleted]         (none)     -> origin/change-sidebar-cart
 x [deleted]         (none)     -> origin/change-top-image
 x [deleted]         (none)     -> origin/change_ruby_version
 x [deleted]         (none)     -> origin/dev
 x [deleted]         (none)     -> origin/hide-unused-menu
 x [deleted]         (none)     -> origin/install_paypal
 x [deleted]         (none)     -> origin/set-google-analytics
 x [deleted]         (none)     -> origin/webmastertool

と消されたリモートブランチが手元で表示されなくて、すっきりしました

pruneは〔不要なもの・余分なものを〕取り除く、削るという意味があるようです
参照: pruneの意味・用例|英辞郎 on the WEB:アルク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください