Railsでrake db:seedをやり直す

Ruby on Railsでdb:seedをすると初期値がデータベースに保存されて便利ですが
初期値を変えてやり直したい..ので調べました

rake db:seed
を再度するとデータが重複してしまうようで
データベースを作りなおしてやることにしました
※初期値以外のデータが飛びます、それでもよければ

db/seed.rb
を書き換えて初期値を変えてやった後、

データベース作り直し
$ rake db:migrate:reset

これだと一旦データベースをDROPしてからmigrationもしてくれるようです
つまりは、初期値がないけど構造は最新になります

初期値をいれましょう
$ rake db:seed

これでできあがり

seed-fuをいれてやるともっとよくできそうです(試せてないです)
railsで初期データを入れる(seed-fuの使い方) – Qiita

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください