Ruby on Railsでscaffoldするまでおさらい

Railsはインストール済みの状態からRailsをいちから復習してみました

Railsは
– DRY
– COC
– REST
– MVC
な設計になっています

  • dry

don’t repeat yourself
同じことを繰り返さない

  • coc

convension over configuration 設定より規約
規約をしばって効率化する設計

  • rest

すべてのリソースに一意となる識別子がある、とかいう考えかたです
URIに対してHTTPメソッドでアクセスし処理をします

  • mvcアーキテクチャー

Model View Controller
で処理を分ける

$ rails new app

appディレクトリにrailsが入ります

javascript runtimeがないときは
therubyracer gemを入れるといいです

私はnode.jsを入れていました

(参考)
centosにnode.jsとnpmをインストールする | bgbgbg
ubuntuにnode.jsとnpmをインストールする | bgbgbg

$ rails server (省略で rails s )
でサーバーが立ち上がる
rails 4.2では rails s -b 0.0.0.0としないとlocalhost以外からアクセスできません

サーバーを止めるには ctrl + c で止めます

$ rails g scaffold Use name:string score:integer
でUserモデルに string型のnameとinteger型のscoreを持ったアプリができる

$ rake db:migrate
でデータベースへmigrationファイルを適用する(テーブルとか作る)

これで
http://localhost:3000/users/
にアクセスすれば

rails-scaffold
rails-scaffold2
rails-scaffold3

といったアプリができあがります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください