phpのDateTime型は例外をスローする

phpで日付を扱うときに DateTime を使ったりします

echo $date->format(‘Y-m-d’);

    $date = new DateTime('2015-04-01');
    echo $date->format('Y-m-d');

DateTimeに日付を渡して表示したりできます
日付以外を渡すとExceptionエラーが発生するので

try {
    $date = new DateTime('日付以外の文字');
} catch (Exception $e) {
     // 日付型の指定でない
     echo $e->getMessage();
}    

try catchで例外を受け取って処理しとくといいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください