Virtualboxのvmをvagrantに移行する

VirtualboxのGUI操作やSyncedFolderがめんどうだったので、
Virtualboxのvmをvagrantへ移行してみました

vmのOSはCentos 6.5です

基本的にマニュアル見ればできます
https://docs.vagrantup.com/v2/virtualbox/boxes.html
(みないでやって、めっちゃはまりました..)

まず、vagrantへ移行できるVirtualboxのvmには条件があり

  • 最初のネットワークはNAT
  • VIRTUALBOX GUEST ADDITIONSをいれておく

でなければできません(ほんとにまったくネットワークつながりませんでした..)

NATにしておいて、VIRTUALBOX GUEST ADDITIONSをいれておきます

参考)
Virtualboxの環境をコピーしたときのネットワーク設定
VirtualboxのCentosにGuest Additionsをコマンドでいれる

vagrant用のユーザーを追加して、sshでつながるようにします

$ visudo
TTYなしで実行できるように

#Defaults    requiretty

をのようにコメントアウト

sudoコマンドをパスワードなしで実行できるように

vagrant ALL=(ALL)       NOPASSWD: ALL

vagrantユーザー追加
$ useradd vagrant
$ passwd vagrant
パスワードは vagrant と入力
$ usermod -G wheel vagrant

vagrant ssh用のキーをセット
$ mkdir /home/vagrant/.ssh
$ chmod 700 /home/vagrant/.ssh
$ cd /home/vagrant/.ssh
$ curl -k -L -o authorized_keys https://raw.github.com/mitchellh/vagrant/master/keys/vagrant.pub
$ chmod 600 /home/vagrant/.ssh/authorized_keys
$ chown -R vagrant.vagrant /home/vagrant/.ssh

vagrant用のディレクトリを用意
$ mkdir -p /vagrant/
$ chown vagrant.vagrant /vagrant

ファイアーウォールを止めておいて
$ service iptables stop
$ chkconfig iptables off

ここまでで下準備終了
こっから移行します

vagrant packageを作ります
$ vagrant package –base (ここにはVirtualboxでつけてたVMの名前を)
$ vagrant package –base sample –output sample.box
とすると、sample.boxができます

これをvagrantで取り込みます
$ vagrant add sample sample.box
$ vagrant box list
で出てくるのを確認して、用意したいディレクトリへ移動
$ vagrant init sample
$ vagrant up
で起動できたらOKです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください