vagrantでSyncedFolderへの反映を直す

vagrantでは最初からvagrant upしたディレクトリとゲストOSの/vagrantディレクトリが同期しています
アクセス権限がいけてなかったので変えてました

$ vim Vagrantfile

[code lang=ruby]
config.vm.synced_folder ".", "/vagrant",
owner: "vagrant",
group: "www-data",
mount_options: [dmode=775','fmode=775']
[/code]

これでうまくいってたのですがある日、
ホストOS側でがりがりプログラムを更新して、ゲストOS側で動かす、
としてたら動かないことがありました

ゲストOS側で見てみると
$ ls -al

drwxrwxr-x 1 vagrant www-data 4096 Nov 21 07:28 ./
drwxrwxr-x 1 vagrant www-data 4096 Nov 21 07:00 ../
-rwxrwxr-x 1 vagrant www-data 1765 Nov 21 07:00 app_initial.php*
?????????? ? ? ? ? ? cache
drwxrwxr-x 1 vagrant www-data 4096 Nov 21 07:00 class/

ホストOS側で、cacheフォルダを作成したらのに反映されてない?

vagrantを再起動してみる
$ vagrant reload
と、直りました

同期の種類がいくつかあるのでrsyncを設定してみると

$ vim Vagrantfile

[code lang=ruby]
config.vm.synced_folder ".", "/vagrant",
type: "rsync",
owner: "vagrant",
group: "www-data",
mount_options: ['dmode=775','fmode=775'],
rsync__exclude: [".git/"]
[/code]

$ vagrant reload

更新するときは
$ vagrant rsync
で反映されるし、自動がよければ
$ vagrant rsync-auto
で反映されます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください