bitbucketへ公開鍵方式でssh接続する

bitbucketでデフォルトではパスワード認証でgit cloneやgit pushができます
パスワード入力が手間なのと、セキュリティ向上のため公開鍵方式でssh接続してみました

bitbucket用の鍵を生成

$ ssh-keygen -t rsa
キー名を指定 => ~/.ssh/bitbucket

キー名はbitbucketにしたので、
bitbucket
bitbucket.pub
が生成されます

公開鍵の文字列をコピーします
$ cat bitbucket.pub
ssh-rsa xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
をまるごとクリップボードへコピー

bitbucketに公開鍵をはりつける

https://bitbucket.org/account/user/(your account name)/ssh-keys/
へアクセス(your account name)はお持ちのものを

Labelに適当な名前をつけて、コピーした公開鍵を貼り付けます
bitbucket-sshkey

ローカルで接続の準備をする

sshクライアント(手元のパソコン)でsshの設定を書きます
$ vi ~/.ssh/config
Host bitbucket
Hostname bitbucket.org
User git
IdentityFile ~/.ssh/bitbucket

bitbucketという名前で、生成した秘密鍵を指定します

git clone済みのリポジトリがあったので設定し直します
$ git remote remove origin
$ git remote add origin bitbucket:(your account name)/(repository name)

ためしにpushしてみて
$ git push -u origin master

問題なくpushできれば終了です

新規にcloneするときは
$ git clone bitbucket:(your account name)/(your repository name)
でできます

カテゴリーgit

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください