hetemlで鍵交換方式のssh接続をする

hetemlでは、ブラウザからのコントロールパネルでSSHのログインを有効にできます
パスワード認証なので鍵交換方式にしてみました

sshでログインできるようsshの設定をしておきます

sshでログインできるようにする

コントロールパネルでsshを有効にしておきます
パスワードはsFTPと同じのようです
heteml-ssh

.ssh/configを設定します
$ vi .ssh/config
Host heteml
HostName xxxxx.heteml.jp
User username
Port 50022
IdentitiesOnly yes
PreferredAuthentications password

HostNameとUserとPortはお持ちのものを使ってください
最後の2行がないと、怒られるみたいです

sshでログインしてみます
$ ssh heteml
(パスワード入力)

つながればうまくいってます

鍵交換方式の設定

ローカルのパソコンで鍵を用意しておきます

$ ssh-keygen -t rsa
で、指示をみてパスワードつけたり、鍵の名前をかえたりします

名前はかえなければ
id_rsa
id_rsa.pub
の2つができます

公開鍵(id_rsa.pub)をhetemlのサーバーへ渡します
$ scp id_rsa.pub heteml:~/

公開鍵をauthorized_keysに登録します
authorized_keysがない場合の操作です
$ ssh heteml
$ mkdir .ssh
$ cat id_rsa.pub >> authorized_keys
$ chmod 600 .ssh/authorized_keys

sshdをリスタートしたいから
hetemlにログインして、sshをいったんOFFにしてONにします

.ssh/configを修正します
$ vi .ssh/config
Host heteml
HostName xxxxx.heteml.jp
User username
Port 50022
IdentitiesOnly yes
# PreferredAuthentications password

$ ssh heteml
でパスワードが求められなければうまくいっています
今後、楽です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください