会社を辞めてからする手続き

会社を辞めてから、しばらく無職で過ごすときの手順をまとめてみます
結構めんどうです、環境で違いがあると思うので参考までに

会社から書類をもらう

<会社からもらう>
離職票 – 失業保険などのため
組合保険の継続書類 – 組合保険を継続する場合
組合保険の脱退書類 – 国保に入る場合

<役所でもらう>
課税証明書(所得だけでなくすべて) – 親の扶養に入る場合

あとは最後の給料、退職金の振込日の確認ですかね

失業保険の手続き

ハローワークへ離職票をもっていきます
離職票は回収されてしまうため、なにかのためにコピーを取りましょう

説明会の参加、認定日へ出席が義務付けられます
最初の説明会へ参加すると、雇用保険認定資格者証がもらえます
4週間ごとにハローワークへいって就活してるか判定してもらいにいかないといけないので面倒です

自己都合退職だとだいたい待機期間1週間+認定待ち3ヶ月+振込までの期間で4ヶ月くらい立たないと最初の給付がもらえません
もらわずに再就職しても、代わりに手当てがもらえたりするのでチェックしておいた方がいいです

健康保険の切り替え

3パターンあります

  1. 会社の保険を引き継ぐ
  2. 国民健康保険へ切り替える
  3. 親の扶養にはいる

1.、2.と月額を試算してもらえます
1.は会社が試算してくれて、2.は市役所で試算してくれました
1. より 2. のほうが月3000円高かったです

1. は書類を送付して手続きをします
2. は役所で手続きをします

3.は親が働いていることと、親の職場へ書類の提出が必要です(一緒に住んでなくてもOK)
私の場合は

  • 離職票のコピー
  • 去年度の課税証明書(給与所得だけでなくすべての所得が分かるもの)

が必要でした

年金の切り替え

役所で手続きします
雇用保険認定資格者証とハローワークでもらった書類と印鑑を持っていきます
失業して無職の場合、年金の免除がうけられます
払わなくても半分払ったことにしてくれるそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください