UbuntuにAndroid Studioをインストールしてみる

Andoridアプリを作ってみよう、ということで
統合開発環境のAndroid Studioをインストールしてみます

Ubuntu 12.04で入れました

Linuxの場合
Oracle Java Development Kit (JDK) 6 or JDK 7
が必要なので入れておきます(現時点の最新は8)
参考)UbuntuのJavaを入れ直してみた

Android Studioをダウンロード
https://developer.android.com/sdk/installing/studio.html#download

インストールしたいディレクトリに移動しておいて
# tar xvzf android-studio-bundle-135.1339820-linux.tgz

必要であれば、ログインユーザーで実行できるよう権限つけておきます
# sudo chown -R user android-studio
などとして

bin/studio.shをたたけば起動します
どこでも起動できるように.bashrcにPATHを追記しておきます

# vim ~/.bashrc
(追記) export PATH=”/(Android Studioをいれたディレクトリ)/bin:$PATH”

設定反映させて
# source ~/.bashrc

起動
# studio.sh

初回は設定を読み込むか聞かれますが、今回は取り込まず次へ
android-studio-install

起動中
android-studio-install2

初回はjdkの場所を聞かれるので、指定して
android-studio-install3

起動するとアップデートがあると言われてるので、一番下のcheckをクリック
android-studio-install4

Update and Restartをクリックすれば、最新になります
android-studio-install5

少し必要な設定をします
Configureをクリック
android-studio-install6

SDK Managerをクリック
android-studio-install7

必要なSDKをインストールしておきます
最新のSDKと、持ってる端末のバージョンのSDKでいいと思います
結構、容量があるので注意です

Android SDK Build-tools
SDK Platform
が必須です

AVDなどエミュレーターを使う際は、System Imageが必要です
実機をUSBでつないで動かすので入れませんでした

Android端末との設定はこちらを参考に
UbuntuにAndroid端末をUSB接続で認識させる

これでAndroidアプリ開発の準備ができました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください