sshで出てくるauthorised_keysとknown_hosts

sshを使っているとファイルが2つ出てくるので整理

クライアント ssh user@sample.co.jp →→ サーバー
としたとき

sshでは秘密鍵(id_rsaとか)がクライアント、
公開鍵(id_rsa.pubとか)がサーバーにあります

  1. authorized_keys

サーバー側で使用
公開鍵を登録しておくことで、クライアント(秘密鍵)からの接続を許します

  1. known_hosts

クライアント側で使用
サーバーの指紋(フィンガープリント)が記録されます
サーバー名と公開鍵が登録され、組み合わせが違ったりすると
警告をだしてくれます

初回接続時には必ず警告がでます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください