NewRelicでサーバーを監視してみる

NewRelicというサービスがあって、めんどうだったサーバーの負荷監視が簡単にできます
しかもタダである程度できてしまいます

まず、アカウント登録して
Servers>add moreとかでサーバーを登録します
(初回は手順が違ったかも)
newrelic-add-a-server

OSを選びます、今回はCentOS使っています
newrelic-chooseOS

あとは出てきた手順を監視されるサーバーで行います
newrelic-install

これだけで、しばらく経つと監視された情報が見れます
Servers、追加したサーバーを選ぶと
newrelic-monitor

こんな感じで負荷監視ができちゃいました
無料版だと24時間しかログが残らないです

もう一つ便利なのが、アラートを送ってくれる機能がついています

Tool>Alert policies、でまずChannels and groupsで
channelを作ります
Emailで飛ばしたいので、Emailを選択
newrelic-email
メールアドレスを登録しておきます

Alert policies内のServers、Default server alert policyをクリック
Alert channelsタブ、select channelsをクリックしEmailを追加します
newrelic-setemail

ためしにメモリをうんと少ないしきい値にするとしばらくするとメールでアラートが来ます
(黄色でなく、赤いアラートのしきい値を超えるとメールが来ます)

無料でも何かあったら通知が来るので役立ちますね

関連するページ: NewRelicのタイムゾーンを変更する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください